会社案内

会社案内

ヤマトタカハシ 企業理念

1.私たちはお客様に信用と信頼を提供します 2.私たちは商品の安全と品質の向上に全力を尽くします 3.私たちはお客様に真心と笑顔を提供します 4.私たちはお客様においしさと健康をお届けします 5.私たちは文化の創造を通じ社会に貢献します

社長写真   近年、消費者本位、消費者主導が叫ばれ続けて久しく、食品業界はますます多様化する生活者ニーズが求められ、更には少子高齢化、環境問題の深刻化する中で、真の商品価値が問われ本物志向によって選択をされる時代が到来したといえるのではないでしょうか。特に人間性への回帰を論点とし、スローフード、環境に優しい食、医食同源、といった食本来の意味を尊び、食品企業として安全性、機能性、健康への貢献といった複合的価値訴求が一層重要性を増すものと考えます。ヤマトタカハシは昆布という自然で、また人との関係も穏やかな相性のよい食材にひとかたならぬ愛着を持ち、その美味しさ、豊かさ、素晴らしさをお届けする為に昆布を中心とした食品流通の川上から川下までを各事業部門が有機的に結び、より高品質で安全、安心な製品作りとより豊かな食文化の実現に努めてまいる所存でございます。今後とも、弊社をよりよきパートナーとしてご愛顧賜りますよう節にお願い申し上げます。

代表取締役社長 高橋一夫

ヤマトタカハシ 会社概要

会社名 ヤマトタカハシ株式会社
本社所在地 福井県敦賀市坂下(さかのした)17号3番地の1
連絡先 0770-20-1000
代表者 代表取締役社長 髙橋一夫
事業内容 昆布卸売り・昆布加工品などの製造販売他
創業 1949年7月18日
資本金 5,040万円
決算期 3月31日(年1回)
取引銀行 福井銀行、敦賀信用金庫、北陸銀行、日本政策金融公庫、商工中金
営業品目 昆布(原藻)、わかめ(原藻)、昆布加工製品、食品(砂糖、雑穀他)
従業員数 246人
役員 代表取締役社長 髙橋 一夫
取締役 川村 隆男
取締役 川島 勝志
監査役 安久 彰
グループ所在地 ◎本社管理部
〒914-0038 福井県敦賀市坂下17号3番地の1 Phone:(0770)20-1000

◎卸営業部
〒914-0015 福井県敦賀市谷口23号向河原4-1 Phone:(0770)25-1300

◎メーカー営業部
〒914-0038 福井県敦賀市坂下17号3番地の1 Phone:(0770)25-3635

◎東京営業所
〒164-0012 東京都中野区本町3-14-21中野新橋ハイツ104 Phone:(03)3375-0831

◎敦賀昆布館
〒914-0038 福井県敦賀市坂下17号3番地の1 Phone:(0770)24-3070

◎北海道昆布館
〒041-1102 北海道亀田郡七飯町字峠下32-1 Phone:(0138)66-2000

◎敦賀工場
〒914-0038 福井県敦賀市坂下17号3番地の1 Phone:(0770)25-3630

◎函館工場
〒041-1102 北海道亀田郡七飯町字峠下32-1 Phone:(0138)66-2055

ヤマトタカハシ 沿革

1949年7月 会社設立(株式会社高橋商店)
昆布、その他海産物を主体に卸売り業開始
1954年4月 昆布加工工場を併設
昆布加工品の製造、販売を開始
1957年5月 倉庫業を開始(発券許可倉庫)
1963年5月 本社社屋完成
1970年7月 昆布加工製品拡充のため近代工場を設立(現敦賀工場)
1975年9月 冷蔵、冷凍庫完成(冷蔵倉庫業を開始)
1982年4月 昆布生産地である函館に昆布加工工場を新設(現函館工場)
1987年4月 C・Iを導入し「ヤマトタカハシ株式会社」に社名を変更
1987年6月 ヤマトタカハシ敦賀昆布館完成
1990年1月 塩干、惣菜関係の包装事業拡充のため海産物包装センターを新設
1992年10月 食品事業部拡充のため食品配送センターを新設
1993年5月 ヤマトタカハシ北海道昆布館完成(館内に函館工場を増設)
1999年7月 中国事業事前調査開始
2000年4月 新人事制度の導入(職能資格制度)
2001年2月 卸事業部に昆布原藻物流センターを併設
2001年6月 中国・山東省・栄成市に「仁一食品有限公司」(日中合弁会社)を設立
2011年3月 昆布館 1000万人 来館達成
2015年2月 コンビニ向け昆布シートフィルム 充填ラインの完成
Return to Top ▲Return to Top ▲